Ben Westwood

I suppose that growing up with Vivienne Westwood & Malcolm McLaren has made me a bit quirky.
Rather than trying to fit me into the establishment, my education has been in how rotten the establishment is & has been directed into fighting against & exposing its lies & hypocrisies.
Regarding this education, it has been pretty ‘top notch’. Not many other people have had an experience such as the first hand, inside view of a cultural revolution known as Punk Rock & that was just a part of it (I was at our home when the brick came through the window).
It’s not exactly an easy life with this education & these morals as you can’t take the middle ground in anything but I never felt the need to rebel from it as I could always see the fairness & logic there, unlike the ‘education & morals’ given by the ‘authorities’ & held by the establishment.

The first time that I worked on my own freelance project was when I decided to stand up for my own sexuality (& through that for everyone else’s sexuality) by openly expressing it, in my late 20’s. I had no interest in towing the line regarding what the establishment said was the ‘correct’ moral sexuality as my sexuality in this light is definitely not ‘normal’, but I also didn’t want to sneak around, hiding what I liked from everyone either. I wanted to be open about what I liked as how else was I to find if I could get it?
One’s sexuality is just ‘there’, you are born with it; the same as if you think the colour red suits you more than blue does. There is no right or wrong, just choices & people are all different, not the same thankfully.
So I started a career as a fetish photographer. Leather, latex, transparent nylon, boots, bras, gloves, high heels, sex toys, straps & ropes were all in my erotic dreams as the accessories to play with my ideal mate with.

In the last 5 years or so my career direction has changed. I will always love fetish but it is not the only thing in my life & I wanted to develop these other sides too.
After a lot of trekking up & down mountains in Wales, Scotland & (my favourite) the Lake District I have started to develop a new clothes look for myself. Drawing also on inspiration from Sergio Leone/Clint Eastwood spaghetti westerns & using my own background knowledge of clothes making gained from guess who? my aim is to make clothes which are not seasonal, but functional & timeless (I personally wear these styles year in, year out).

Other than this & for the last 14 months I have been back ‘under the fold’ of my mother’s company for which I write the Worlds End shop blog. You can read more about me there in the ‘Hello’ post I wrote on http://worldsendshop.co.uk/ .

All the best,

Ben


ヴィヴィアン・ウエストウッドとマルコム・マクラーレンの元で育った環境が、私をちょっと風変わりにしたのではないかと思っています。
学校や社会の中に溶け込もうと努力するよりも、むしろどんなに社会が腐っていて、それと戦い、その嘘や偽善を暴くのかということを教えられてきました。
この教育に関しては、極めて「一流」の教育だったと思います。多くの人が直にパンクロックとして知られている文化的な革命を、その中から見ることなんてできないでしょう。そしてそれはほんの一部に過ぎません。(マルコムに反対する人達が、自宅に煉瓦を投げ込むという有名なエピソードがありますが、あの時私はその場に居ました。)
この教育方針の元生きるのは、そんなに容易なことではありませんでしたし、これらのモラルにいては、何に置いてもグレーでいることができませんでした。しかし私はいつも公平さ、そこにある道理を見てきたので、その教育方針に反発する必要性を一度も感じませんでした。私が見て来た道理とは、社会が作り、「権力者」によって与えられる「教育とモラル」とは異なっていました。

初めて私がフリーランスとして仕事を始めたのは20代後半の時です。自分のセクシャリティ(すなわち、誰もが持つセクシュアリティ)を擁護しようと決め、それをオープンに表現しました。私のセクシュアリティは、社会が決めた「正しい」モラルに則ったセクシュアリティの中では、完全に「普通」ではありませんが、社会が決めたセクシュアリティには全く興味がありませんでしたし、隠れてこそこそもしたくもありませんでした。私はそれオープンにしたかったのです。
人のセクシュアリティとはただ「そこに」あるだけで、生まれた時から備わったものです。もし皆さんが自分には青より赤の方が似合うと思っているなら、それと全く同じ事なのです。そこには善し悪しがなく、ただの選択であって、人はそれぞれ違うのです。有り難い事に同じではないのですから。
それで私はフェティッシュフォトグラファーとしてのキャリアを積み始めました。レザー、ラテックス、ナイロン、ブーツ、ブラ、グローブ、ハイヒール、セックストイ、ロープを使って、想像上の相手と遊ぶのが私のエロティックなファンタジーです。また、これが普通ではないとは思っていません。

ここ5年間で、私のキャリアの方向性は変わりました。もちろんフェティシュは好きですが、私の人生はそれだけではありません。
ウェールズやスコットランド、そして(私の好きな)レイクディストリクトでトレッキングや登山をするうちに、もっと自分に合う服を作りたいと思うようになりました。セルジオ・レオーネやクリント・イーストウッドの西部劇からインスピレーションを得てデザインをし、母が服を作る環境に居ることからその知識はあったので、服を作り始めました。私の服のデザインの目的は、季節にこだわらず、しかし機能的で時代を問わないということです。(個人的には自分の服を年中着ています。)

この他に、ここ14ヶ月は、母の会社に戻り、World’s end ショップのブログを書いています。

ベン

※和訳 Tomoka Westwood